ニュース

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2013年6月の記事

【6月29日(土)名古屋シネマテークにて、宍戸監督初日舞台挨拶!!】

2013年6月28日

明日6月29日(土)より、愛知県 名古屋シネマテークにて上映がスタートいたします!
初日には、10:40の回 / 12:40の回 上映終了後に宍戸監督による舞台挨拶がございます。

■劇場情報:名古屋市千種区今池1-6-13今池スタービル2F / 052-733-3959

http://cineaste.jp/

上映終了日は未定です。詳しくは劇場までお問合せ下さい。
劇場情報、その他の地域での上映状況はこちらをご覧ください⇒劇場情報ページ

横浜シネマジャック&ベティでのミニライブ開催!

2013年6月27日

現在絶賛公開中の、横浜シネマ・ジャック&ベティ。
公開3週目の7/6(土)~12(金)の上映スケジュールが決定しました!

さらに、7/6(土)には前作に引き続き、映画の音楽を担当した末森樹さんのギターのミニライブも決定!
映画を彩る音楽を、生の演奏でじっくりご堪能ください。

◆横浜・シネマジャック&ベティ
http://www.jackandbetty.net/
電話:045-243-9800

6月22日(土)~6月28日(金) 10:15~/14:50~
6月29日(土)~7月 5日(金) 14:15~/20:20~
7月 6日(土)~7月12日(金) 14:30~

★7/6(土)14:30の回上映後:宍戸監督・飯田プロデューサーによるトーク×末森樹さん(映画音楽の担当)ミニライブあり!

◎末森樹さんブログ⇒http://blog.goo.ne.jp/tatsuru0709

【お知らせ】ユーロスペースでの上映終了日

2013年6月18日

現在絶賛上映中のユーロスペース。
上映の最終日【7月5日(金)】が決定いたしました。


ユーロスペース上映最終日【7月5日(金)】
7/5(金)まで毎日1日4回上映されます。
11:50~/14:00~/16:40~/18:50~
※6/21(金)・6/22(土)の16:40の回/18:50の回は休映です※

最終日7/5(金)
18:50の回上映後:宍戸監督、飯田プロデューサーによる舞台挨拶

 

みなさんのおかげで5週間も上映することが出来ました!
見るたびに新しい発見があるとリピーターの方も続出しています!
まだご覧になっていないかたはどうぞお見逃しなく、
すでにご覧いただいているかたは、ぜひふたたび劇場に、お越しください。

カテゴリー:【劇場情報】, お知らせ

【お知らせ】ユーロスペースでの休映について

2013年6月17日

現在公開中のユーロスペースでの上映日について、
下記の日程が休映になります
ご確認いただき、ご来場いただきますようお願いいたします。
 
6月21日(金)16:40の回/4回目18:50の回休映
6月22日(土)16:40の回/4回目18:50の回休映
 
ご来場の際はどうぞご注意ください。

カテゴリー:【劇場情報】, お知らせ

【メディア情報】「ミューアのMusic Lunch」「スクリーンの向こうに故郷が見える」

2013年6月14日

明日6月15日(土)に宍戸大裕監督ラジオに生出演します!

◆「ミューアのMusic Lunch」(6/15 ONAIR)
毎週土曜日 午後12:00~12:55
東京FM系 MUSIC BIRD/全国コミュニティFMネット局にて放送
番組HP:http://www.be-up.jp/

6月15日、ゲストコーナー「Music Jamboree」に宍戸監督登場します!

※インターネットサイマルラジオを利用して、パソコン、スマートフォンで全国どこからでも、以下の放送局で聴くことが出来ます。
詳しくは番組HPをご覧ください。

**********************************

また、ジャーナリストの根本かおるさんが映画評掲載していただきました。
◆根本かおるの社会派映画案内「スクリーンの向こうに故郷が見える」
http://eijipress.co.jp/kaorueiga/?p=391

震災後を懸命に生き抜こうとする動物たち、動物たちを救おうと奔走する人々。宮城県出身の若手監督が600日にわたって正面から向き合った。監督は人間の身勝手さを非難することなく、誠実な眼差しで事実として受け止める。目を背けたくなるような現実を正面から受け止め、努めて淡々と物語をつむぐ姿勢は、いつしか観る側に再生を予感させるものだ。

ぜひ全文ご覧ください!

カテゴリー:【メディア情報】

Facebookページがスタートいたしました!!

2013年6月13日

inuneko_facebookH1_new

公式Facebookページを作成いたしました!
こちらでは、映画で描ききれなったお話や映画に登場する人々、動物たちのその後、イベントや上映情報などを随時更新してきます。
映画を観た感想などもお寄せいただけましたら幸いです。応援よろしくお願いいたします!
一緒に育てていきましょう!
Facebookページはこちら:http://www.facebook.com/inunekoningen2

カテゴリー:お知らせ

【7/1(月)】仙台にて宍戸監督トーク&ダイジェスト版上映イベント開催!

2013年6月12日

7/1(月)『犬と猫と人間と2』ダイジェスト上映会&監督トーク開催!

cropped-inunekotop1

7月20日(日)から仙台フォーラムにて公開の『犬と猫と人間と2』。
劇場公開を記念して、地元仙台生まれ、現在が名取市在住の宍戸大裕監督のトーク&ダイジェスト上映が開催されます!

★日時:2013年7月1日(月)18:30~20:00
★場所:仙台市市民活動サポートセンター 6Fセミナーホール
★アクセス:こちら
地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ、市営バス「商工会議所前」徒歩3分
★参加費:無料
※参加には申込が必要です
お申込み⇒http://inunekoningen2sendai.wordpress.com/about/

さらに、映画にも登場する「やまゆりファーム」のパネル展も同時開催します!

≪「やまゆりファームパネル展」≫
7月1日(月)〜7月15日(月)
仙台市市民活動サポートセンター 5F 交流サロン展示スペース
入場無料(会場時間はセンター会館時間に準じます)

詳しくは…
◇twitter:@kakuwomiru  https://twitter.com/kakuwomiru
◇ブログ:http://inunekoningen2sendai.wordpress.com/
◇主催:核問題を観る会 kakuwomiru@excite.co.jp

◆チラシはこちらからダウンロードできます⇒チラシ
コピーフリーです!お知らせしたい方がいらっしゃったらご自由にコピーしてください。

【劇場イベント】6/25(火)杉本彩さん劇場トーク出演決定!!

2013年6月11日

6月25日(火)に女優・作家の杉本彩さんのユーロスペースでの劇場トークご出演が決定いたしました!
前作に引き続き、本作を応援してくださっている杉本彩さん。
動物たちのために、精力的に活動されている杉本さんに劇場にお越しいただき、映画について、動物と人間とこれからについて、たっぷりお話いただきます。

★6/25(火)
14:00の回上映後:杉本彩さん(女優/作家)、宍戸監督、飯田プロデューサーによるトーク

劇場:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5 3F  アクセス⇒こちら

[全席自由席|各回入替制|整理券制]
特別鑑賞券をお持ちの方も、当日劇場受付にて整理券との交換が必要になります。
トークは14:00の回上映後に行います。上映回をご覧の方のみがご参加いただけます。予めご了承ください。

映画について、杉本さんのブログでも取り上げていただきました。
こちらからご覧いただけます!⇒http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11542996019.html

★杉本さんのコメントはこちら
動物たちのいのちを見捨てる国に、人の幸せなどあるはずがない。
だから人の幸せを考えるとき、この作品に映る動物たちの姿から、目を背けてはいけないのだ。
杉本彩(女優/作家)

またユーロスペースでの初日にあわせて劇場にお花もいただきました!ありがとうございます!
写真は、素敵なお花の前でニッコリな飯田さんと宍戸監督!

__

【6/27(木)】関西特別!先行上映会 開催決定!

2013年6月11日

7/13(土)からの第七藝術劇場
7/20(土)からの神戸アートビレッジセンター
8/3(土)からの京都みなみ会館
での劇場公開を記念して、関西地域のみなさんに向けて特別先行上映会を開催いたします!
一足先に作品をご覧いただき、ぜひ関西地区での公開の応援、どうぞよろしくお願いいたします!

さらに、上映終了後、宍戸大裕監督&飯田基晴プロデューサーによるトークもございます!
関西地区でお二人がそろうのはこの時だけの予定です。ぜひご来場ください。

【『犬と猫と人間と2』関西特別!先行上映会】
日時:6月27日(木)
開場:18:00
上映開始:18:30~(本編104分)
★上映後、宍戸大裕監督、飯田基晴プロデューサーのトークあり
(終了20:30予定)

会場:シアターセブン イベントホール
住所:大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階(「第七藝術劇場」の下の階です。)
→地図・アクセスはこちら

料金:当日一般1,800円 専門・大学生1,500円 シニア1,000円
◎全国共通鑑賞券もご使用になれます!

※予約制ではございません。※当日先着順にご入場いただきます。

問合せ:第七藝術劇場(電話:06-6302-2073)
メール:info(a)inunekoningen.com
(a)を@に変えてご連絡ください。

ご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい。

シーケンス 6

「1945年夏、満州に残されたナチ」(宍戸大裕)

2013年6月10日

先日、14時の回が終わった劇場で、長身でハンチングを被った
年配の男性が、「素晴らしい映画でした・・・。いやあ、昔を思い出してねえ」と
声を掛けてくれました。
3日にNHKで放送された「視点・論点」を観てユーロスペースへ
足を運んだという男性は昭和11年、大連生まれ。
9歳の時に迎えた敗戦、そして始まった満州からの引き揚げ時の思い出を話してくれました。

敗戦も近づいた大混乱の中、両親と2人の弟妹と住んでいた
家を空けて逃げなければならなかった。
その頃、家では「ナチ」という白くてふさふさした大きな犬を飼っていた。
ナチ、というと当時のナチス・ドイツからの命名のようだけれど、
和歌山の「那智」から取って付けた名前。
ナチを連れて行くことは出来なかったから、つなを放して逃避行を始めた。

ひと月ほど後、ふたたび家へ戻った時、家の玄関の前にナチが
座って待っていた。その時のナチの喜びようといったら・・・、
忘れることができない。
近所の人がエサを上げてくれて生き延びていたらしい。
だけど、エサだけもらうといつも玄関の前に戻って、僕らを待っていたらしい。

その後すぐ僕たち家族は、蒋介石の軍の航空機に乗せられて北京へ行けることになった。
しかしナチは一緒に乗せて行くことはできなかった。だから、家に置いてきた。
北京からはトロッコで南下し、信濃丸に乗って日本へ帰ってくることができた。
ナチのことを思うと、それ以来犬を飼うことは出来なかった。
きょうの映画を観ながら、あの頃のことを思い出しました。

男性は当時の情景がよみがえってきたのか、話しながら目に涙を浮かべていました。
戦争、そして原発事故。
人間の暴力が猛威をふるう時、たくさんの人びとの犠牲とともに、
数も数えられずに犠牲になった動物たちが、声もなく埋もれている。
68年前、満州の地で行方知らずになった「ナチ」と、
2011年からいまにつづく福島の動物たち。
争う心に囚われている限り、人の世はこれからも新たな「ナチ」と、
新たな「福島の動物たち」の記録を書き継いでいく。

書き継ぐ自由とともに、僕たちには記録を閉じる自由も与えられている。
どちらの自由も、選べるのは僕たちしかいない。

カテゴリー:お知らせ